経営理念

POLICY

経営理念
COMPASS
SDGs SDGs
ガソリンベーパー回収装置の導入

「ガソリンベーパー」と呼ばれる、気化したガソリンは大気汚染物質である光化学オキシダントやPM2.5の原因物質の一つであり、ガソリン特有のにおいのもとでもあります。
そこで私たちは、4SS(今福鶴見SS/香里ケ丘SS/DD生駒ハイウェイSS、DD枚方津田SS)にガソリンベーパー回収装置を導入しました。この装置を接続する事でタンクローリーから荷卸する時に発生するガソリンベーパーを回収する事ができます。
また、3SS(今福鶴見SS/香里ケ丘SS/松原インターSS)では、ガソリンを車に給油する際に発生するガソリンベーパーをその場で回収する計量機を導入しております。
この3SSは環境省、資源エネルギー庁より大気環境配慮型SS(e→AS)に認定されています。
https://www.env.go.jp/air/osen/voc/e-as/index.html
大阪府で認定されている13SS中3SSが当社のSSであり、さらにランクSに限ると認定3店舗中2店舗が当社のSSです。
※2021年10月時点

  • 今福鶴見SS
    香里ケ丘SS
    SDGs SDGs
  • 松原インターSS
    SDGs
ガソリンベーパー回収装置(荷卸)エコステージ L100R(タツノ)
ガソリンベーパー回収装置(荷卸)
エコステージ L100R(タツノ)

Lシリーズは、ガソリン荷卸し時に排出されベーパーを回収するローリー荷卸しタイプです。
高速荷卸しに対応し、液化した回収量は積算計で確認可能。

計量機(ガソリンベーパー回収装置搭載)SUNNY-NX D100R(タツノ)
計量機(ガソリンベーパー回収装置搭載)
SUNNY-NX D100R(タツノ)

ベーパー液化回収能力をさらに向上させた「エコステージD100R」が搭載されたプレミアムモデル。
冷凍機を搭載し、冷却性能を強化したことにより、液化回収率は従来機種に比べおよそ25%アップ。

タイガーアカデミー(企業内大学)

社内で独自の教育システムを持つことで、全ての社員がクルマと暮らしの相談窓口としてお困りごとを解決できるタイガーマンへと成長する事を支援しています。

  • 入社4年目までの社員を重点対象とし、窓口業務と一般常識全般を学ぶ
  • アカデミー受講により入社5年目に所長へのキャリアアップを目指す
  • 「WEB受講型」「集合型」「外部派遣型」「体験型」の4つのアプローチで学びの場を提供する
https://tiger-corp.com/academy/
SDGs
タイガーアカデミー(企業内大学)
住民拠点SSの整備

住民拠点SSは、自家発電設備を備え、災害などが原因の停電時にも継続して地域の住民の方々に給油できるガソリンスタンドです。
当社では13SSが住民拠点SSに認定されており、災害が発生した際もエネルギー供給が継続できる様に備えています。

https://www.enecho.meti.go.jp/category/resources_and_fuel/distribution/juminkyotenss/
SDGs
タイガーアカデミー(企業内大学)
ENEOS「童話の花束」の活動に協力

ENEOSグループは、ENEOS童話賞の受賞作品をまとめた一冊の童話集「童話の花束」を発行し、全国の社会福祉施設や里親家庭、幼稚園などに寄贈しています。また、「童話の花束」は、ENEOSグループのサービスステーションを運営する特約店やLPガス特約店の皆様にお買い上げいただくほか、ENEOSグループ各社とその従業員にも販売し、その売上金のすべてを「ENEOS童話基金」に組入れて、児童福祉施設等の子どもたちの自立を支援しています。
当社はこの活動に継続的に協力しています。

https://eneosdouwa.com/n/n8e20fb0f243d
SDGs
LED照明の導入

タイガー石油では、各店舗の照明器具を順次LEDに切り替えを実施しています。特に深夜営業を行うガソリンスタンドは早期に交換を実施いたしました。
従来の水銀灯に比べて消費電力を抑える事ができ、二酸化炭素排出量の削減に貢献しています。
本社事務所や介護事業所の照明もLEDを導入しております。

SDGs
LED照明の導入
フードロス削減

当社の運営するセブンイレブン店舗では長期鮮度のチルド弁当や食べ切りや長期保存に配慮したセブンプレミアム商品を積極的に導入する事で、フードロスの削減に取り組んでいます。
2020年度では前期に比べてフードロスを10%削減を達成しています。
今後も削減の数値目標を掲げてフードロス削減に取り組みます。

https://www.sej.co.jp/csr/environment/waste.html
SDGs
フードロス削減
健康経営の実践

当社では2018年健康宣言を行い、健康経営に取り組んでいます。
2019年、2020年と2年連続して健康経営優良企業(大企業部門)に認定されました。
労働時間の削減、有給休暇消化率の向上、施設の全面禁煙化、健康手当、産業医・保健師の活用等、安心、安全の働ける職場環境作りを推進しています。

https://tiger-corp.com/company/health/
SDGs SDGs
健康経営の実践
介護サービス事業

当社ではリハビリ型デイサービス「レッツ倶楽部」の運営を通じて、高齢者の皆さまの “より快適で自立した生活” をサポートを行っています。
レッツ倶楽部では「立つ」「座る」「歩く」「着替える」「物を取る」などの日常生活に必要な動作を、全国のリハビリテーション病院で導入されているリハビリマシンを使いトレーニングします。
フィットネスクラブのような明るい雰囲気の中、パワーリハビリという前向きなトレーニングを行うので、体だけではなく、気分もリフレッシュします。

https://tiger-corp.com/business/care/
SDGs
介護サービス事業
アフラック・キッズサポートシステムに参加

子どもたちの夢と未来を支えるチカラになりたい。
小児がんなどの難病と闘う子どもたちや、親をがんで亡くした子どもたち。当社はアフラック・キッズサポートシステムを通じて、彼らが未来に向かって希望を持ち続けられるように支援を行っています。

https://www.aflac.co.jp/corp/esg/mesena/aya/activity/
SDGs SDGs SDGs
アフラック・キッズサポートシステムに参加